【ウィッチャー3】霊薬特化のすすめ 最大ダメージ10000超えビルドを紹介



多幸感で霊薬特化すると攻撃力と耐久力どちらも手に入ります。
以外説明
多幸感:霊薬中毒度1ポイント毎に剣と印力で与えるダメージが0.75%増加
耐性知識:習得済みの錬金術製法1つにつき中毒度の最大値が1増える
新陳代謝:中毒度の上限が30ポイント増加する。
耐性強化:中毒度の安全域を100%に引き上げる
組織変成:変異抽出液こ効果が持続中、体力の最大値が1000増加する。
マンティコア流派と耐性知識、新陳代謝を組み合わせることで最大中毒度が320を超えて変異抽出液が4つ飲めるようになります。
そして組織変成の効果で体力が4000アップします。かなり硬くなります。体力10000超えも夢じゃなくなります。

狼流派伝説級ボーナス:一度に3種類のオイルを塗ることが出来る。
樹液塗布:オイルの対象となる種類の怪物からの攻撃に対し、防御力が25%上がる。
固定剤:オイルの効果が切れなくなる
狩人の本能:アドレナリンが最大の時、オイルの対象となる敵へのクリティカルダメージが100%増加する。
毒刃:オイルを刃に塗ると、攻撃する度に15%の確率で対象を毒状態にする。
これらによってオイルの対象にはかなり有利に戦えます。

変異抽出液
ウォーター・ハグの変異抽出液:体力が満タンの状態で繰り出す攻撃のダメージが50%増加する。
エキムマーラの変異抽出液:敵にダメージを与えると10%体力が自然回復する。
アーク・グリフィンの変異抽出液:ゲラルトの気力が残っていれば、大攻撃が気力を全て消費し、通常のダメージ算出後に、攻撃を受けた敵の体力を5%減少させる。
エキドナの変異抽出液:気力を消費するアクションを行うと体力が自然回復する。

ルーン細工
活力:体力が最大の時に体力が回復すると、次の攻撃にダメージが追加される(最大50%)
回避:防具が全ての矢をそらす。

変異抽出液の効果で体力を回復させながら活力でダメージにかえる戦法はかなり強いし何よりエフェクトがかっこいいです。
またアーク・グリフィンの変異抽出液の効果で気力をかなり使うので中装防具でまとめてグリフィン流派の技術で気力の自然回復を早めてあります。

あとはお好みで雷光やホワイトラファードなどを飲んで戦うとさらに攻撃力が増して楽しいことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.