スパイ・アクション映画『355』予告編【2022年2月4日公開】



ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビンなどが出演する、スパイ・アクション大作『355』(※スリー・ファイブ・ファイブ)が、2022年2月4日に公開される。

 本作は『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ、カンヌ映画祭での受賞歴のあるダイアン・クルーガーとペネロペ・クルス、そしてアジアを代表するファン・ビンビンら、現代を代表する実力派俳優たちがアメリカ、イギリスなどの各国エージェントを演じるスパイ・アクション。

 CIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、BND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、MI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織のグラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。

 各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成する。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。

 この予告編は冒頭で「非公式の任務だ」「きみ1人で動くんだ」とCIAのメイスに告げられるところから始まる。仲間を集めるメイス。各国のエージェントが集まり、銃を向け合い対立する場面も。MI6のハディージャの「私たちには共通の敵がいる」というせりふから、一致団結しミッションに挑んでいくエージェントたち。「私たちが失敗すれば、第3次世界大戦がはじまる」とあるように、緊迫した状況が続き、「だからこそ、力を合わせるの」と秘密兵器奪還に動く。果たして彼女たちは世界の危機を救うことができるのか!?

Leave a Reply

Your email address will not be published.