マイクロトランザクションはゲーム業界を活性化させるのか

かつて、ビデオゲームはハリウッド映画などの大作と同じように運営されており、ゲームは何年もかけて開発されていました。

しかし、オンライン化が進むにつれゲーム業界は大きく変化。発売後にユーザーが課金するダウンロードコンテンツのシステムが登場、これはマイクロトランザクションとして知られることとなりました。現在、人気が高まっている入出金方法についてはここを参照してください

マイクロトランザクションの影響

ゲーム業界は絶え間なく変化していますが、マイクロトランザクションはその中でも最も大きな影響を及ぼしており、Fortniteのような新しいゲームではほぼこのシステムから収益を得ています。

マイクロトランザクションとはユーザーが少額のお金で仮想アイテムを購入できるという売買システムで、無料ゲームによく登場します。つまり、ゲームをダウンロードする費用はかからず、オンラインのバーチャル商品を購入する費用だけがかかる、という仕様です。

マイクロトランザクションの恩恵を受ける企業

例えば、オンラインゲームのLeague of Legendsを運営するRiot社は、マイクロトランザクションから多大な利益を得ています。LOLは世界中で数千万人がプレイしており、ダウンロードやプレイは完全に無料。その収益のほぼすべてがゲーム内課金によるものです。

LOLではRiotポイントを購入することができ、このゲーム内通貨を使ってキャラクターのさまざまなビジュアルの選択肢であるスキンを購入することができます。また、ゲーム内通貨はさまざまなキャラクターのアンロックに使用することも可能。これらは多くの場合、長時間のゲームプレイでアンロックができるのですが、マイクロトランザクションはそれらを素早くアンロックするためのキーとなっています。

また、Epic GamesがリリースしたFortniteも大きな成功を収めたことで知られています。Fortniteは最大100人のプレイヤーがマッチに参加し、最後の1人または1チームが残るまで戦うという無料ゲーム。LOLと同様に、スキンやパワーアップのためのゲーム内課金に依存しており、こちらもまた大きな収益を叩き出しています。

まとめ

オンラインゲームやeスポーツ業界におけるマイクロトランザクションの利用は、ゲーム会社の在り方に変化をもたらしています。現在、マイクロトランザクションに参加するゲームコミュニティは5〜20%程度。しかし、無料ゲームの場合、発生する収益は莫大であるためさらなる成長が見込まれています。企業側がマイクロトランザクションのコミュニティに参加していないプレイヤー層をマネタイズし、さらなる市場の拡大を目指しているからです。

マイクロトランザクションは、現実世界の市場とゲーム内の経済を統合させる大きな役割を担っているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.